中学や高校で英語を習った人なら、たいていそれなりの単語力はあるものだ。にもかかわらず、いざ話そうとするとまったく言葉が出てこなくなるのはなぜなのか? 30年にわたって日本人が英語を話すための方法を考えてきたデイビッド・セイン氏が、この問題について、画期的な解決策を考案。そのメソッドを、このたび『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる――日本人1万人を教えてわかったすぐに話せる50の方法』にまとめた。
これは、とにかくしゃべれるようになること「だけ」をゴールにしたニュータイプの英語本。
「That sounds...」「I feel like...」「Let's say」など、一番使い回しの効く「最強のしゃべりだしフレーズ50」を厳選、どんな会話でも対応可能の「ネイティブの6つの会話パターン」に沿って紹介している。脳が最も効率的に記憶できる無料ダウンロード音声もついているので、「最短距離」で英語を話せるようになりたいという人なら絶対に必読の一冊だ。以下、その内容から一部を特別公開しよう。

「こういうこと?」と聞き返す

 ネイティブの話を聞いていると、「こういうことを言っているのだとは思うけど、合ってるかな……」とちょっとあやふやな理解になることがあると思います。そんなときにそのまま黙っていると、うまいリアクションも返せず、会話が滞っていきます。

 これは、じつはネイティブ同士でも同じこと。そんなとき、ネイティブがよく使うのが「You mean...?」(~っていうことですか?)というフレーズ

 言葉を聞き返したいときのフレーズは、丁寧な「Could you repeat that?」(もう一度おっしゃってくださいますか?)から、「Come again?」(いまなんて言いました?)までさまざまにあり、本書でも1コーナーをもうけてまとめて紹介していますが、ぜひ主に使うように意識してほしいのがこの「You mean...?」。

 このひと言に続けて、自分はこう理解した、ということを言うので、ただ聞き返すだけでなく英語のトレーニングになりますし、一歩つっこんだコミュニケーションにつながります

 疑問文なのでDo you mean...? とするのが正式ですが、日常会話では「You mean...?」とするのが普通。ネイティブはこのフレーズを使って、相手の真意をどんどんつっこんでいきます。そうして、「やっぱりそういうことか」「全然違うことを言っていたのか」と確かめながらコミュニケーションを深めていくのです。

こんなふうに使ってみよう

私の青いセーターを見ませんでした?
Have you seen my blue sweater?
ドアのそばに掛けてあったやつのことですか?
You mean the one hanging by the door?

携帯電話を何台持っていますか?
How many cell phones do you have?
それって、ふつうはみんな1台より多く持っているってこと?
You mean people usually have more than one?

デパートのあの新しいレストランに行ったことはありますか?
Have you been to that new restaurant at the department store?
イタリアンレストランのこと? とてもいいお店だよ。
You mean the Italian one? It's great.

この歌、だれがうたってるの?
Who sings this song?
このバンドのこと知らないの?!
You mean you've never heard of this band?!

サプライヤーに連絡を取って、新しい商品を注文してもらえる?
Would you contact the supplier and order a new product from them?
ABC 社のことですよね?
You mean from ABC, right?

ジョンソンさんがどこにいるか知っていますか?
Do you know where I could find Mr. Johnson?
サムのこと? ちょっと待ってて。呼んであげるよ。
You mean Sam? Hold on, I'll get him for you.

正解:You mean

 引っかかったことはこのフレーズを使って、「自分の言葉」に置き換えて理解しましょう。英語の訓練としても最適です!

(本原稿はD・セイン著『最低限の単語力でもてっとりばやく英語が話せる』の内容を一部編集して掲載しています)