日本以外の市場で販売されている「ウォシュレット+」
中国など、日本以外の市場で販売されている「ウォシュレット+」は、陶器の内部に配線類を収めた点を付加価値として打ち出した。スマートフォンで撮影されるほど注目される Photo by Hitoshi Iketomi

衛生陶器の国際見本市で
ひときわ注目を集めていた新製品

 自動車や家電の業界で、世界中の各都市を回る国際見本市があるように、トイレなどの水回り製品の分野でも同様のイベントがある。

 この6月5日~8日まで、中国の上海で開かれた「KBC 2018」(KITCHEN&BATH CHINA)は、中国内外を問わず、世界中から約6000の出展社が集まり、推定で20万人を超える来場者でごった返した。

 今年で23回目を数えるイベント会場の正面を入ってすぐの場所に大型のブースを構えたTOTOで、ひときわ来場者の注目を集めていた新製品がある。「ウォシュレット+」(プラス)は、2015年の末に中国の北京工場だけで生産が始まった派生商品だったが、今では中国内にある全ての工場(計4工場)でフル増産が続いているという。