キリンが手掛ける各流通の新ジャンルPB。国内製造であること強調して品質の良さをアピールする Photo by Akira Yamamoto

ビール大手各社の上半期(1~6月)の課税出荷数量は6年連続で過去最低を更新した。大きくシェアアップしたのは、昨年独り負けを喫したキリン。雪辱を果たした格好だが、その内容には他社から疑問の声も上がる。(「週刊ダイヤモンド」編集部 山本 輝)

新ジャンルが唯一
増加に転じたカラクリ

「こういう形が許されるなら、何が何でもPB(プライベートブランド)を取りに行くことになるね」。あるビールメーカーの幹部は、ビールシェアの発表を見て毒づいた。

 11日に発表されたビール大手5社の上半期の課税出荷数量は、ビール類全体が1億8337万ケースで前年同期比3.6%減となり、上半期として6年連続で過去最低となった。

 種別ごとに見ると、ビールは8823万ケースで同6.3%減、発泡酒は2414万ケースで同8.4%減。新ジャンルが7099万ケースで同1.9%増だった。

 新ジャンルが唯一増加に転じた。だが、この増加にはカラクリがある。

 今春以降、キリンビールは、ファミリーマートやローソン、イオンなど流通各社の新ジャンル商品のPBの製造を矢継ぎ早に受託した。