古来、龍神の力を借りた多くの先人たちが願望を成就させ、成功を手にしてきた。
数々の武将をはじめ、現代に至っては経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏、出光興産創業者の出光佐三氏、長期政権を誇った昭和の首相・佐藤栄作氏など、龍神を祀る神社を信仰していた政財界人を挙げればきりがない。
だが、数ある神の中で、なぜ龍神だったのか。その理由は、龍神の持つ神としての特性にある。
幼少期より龍をはじめとする見えない世界の存在たちの声を聞くことができ、デビュー作『「龍使い」になれる本』が10万部を超える異例のヒットとなって現在の龍ブームの先駆けとなり、また、延べ1万社以上の神社を参拝してきたスペシャリストが、龍神の力を借りて運を上げ、どんな望みも実現する方法を紹介した新刊『龍神とつながる強運人生』より一部を抜粋、再構成して紹介する。

成功を願う人が龍とつながるべき理由

大杉日香理(おおすぎ・ひかり
株式会社アテア代表取締役。
幼少期より、龍や妖精など見えない世界の存在を感じたり、他人の思考が理解できてしまうという感覚に優れていた。歴史、地政学、神話、ビジネス、栄養学などを基盤としたロジカルなスピリチュアルを体系化し、2007年に起業、2011年に株式会社アテアを設立する。 事業開始から10年間で参拝した神社は延べ1万社。その体験を活かし、日本で初めて神社を参拝するツアーを事業化した「神旅®」は毎回満席、リピート率96.5%を誇る。他にも経営者向けの運気マネジメントや、個人向けのコンサルティング、神様の取り扱い説明書をお伝えするセミナーも行っている。 著書には、10万部を超えるヒットとなった『「龍使い」になれる本』(サンマーク出版)、『龍神の力をいただく「神旅®」のはじめ方』(KADOKAWA)などがある。

 龍の体は長さがある分、その背にたくさんの人を乗せることができます。
 ですから、自分一人だけが成功するのではなく、周りの人たちもその背に一緒に乗せて巻き込んで成功できるというわけです。
 この点が他の神様にはない龍神の特徴であり、たくさんの人と集団で関わって成功や勝利を目指せるというのが利点です。
 まさに、「みんなの利益になる」という感じです。

 仕事でもスポーツでもそうですが、どんなに一人の個人技がすごくても、他のチームメイトがパスを受け取れなかったり、自分の走るスピードや、あるいは思考についていけなかったりしたら、ただ浮いてしまうだけで、自分の実力も十分に発揮できないものです。
 ですから、自分だけでなく周りも一緒になってプレイして、そして監督も観客もそれについていけるような状態を作る。つまり、他者を巻き込み、そのスピードに合わせて一緒に動くというのが理想なのです。
 みんなで龍神の背に乗って、すーっと速く進む、というのが目指すべきところです。

 空を飛べる龍には、障害物も関係ありません。
 地上を行く馬や虎は、どんなに速く走れても必ず障害物に突き当たります。それを避けるには苦労が伴います。
 龍なら障害物に行く手を阻まれることもなく、しかも上下左右を自在に移動できます。
 そう、まさに目的に向かってショートカットして移動できるわけです。

 仕事というものは、一人でできるものではありません。
 どんな仕事にも、必ず相手があります。
 そして、相手のないビジネスが存在しないのと同時に、双方に利益をもたらさないビジネスは成立しにくいものです。

 こうして考えると、仕事での成功を願うなら、龍神とつながって「みんなの利益になる」ように後押しを受けることが一番なのです。