経営者に知ってほしい五ヵ条

 資産運用に注力しようと思っている金融機関の経営者に、是非覚えておいてほしい5ヵ条をお伝えしておこう。

【金融機関経営者、運用の5ヵ条】
その一 甘えを捨てて「本業」として運用に取り組む(できなければやるな!)
その二 許容できるリスクを自分で計算して運用する(できなければやるな!)
その三 完全な時価評価ができない対象への投資は避ける
その四 「運用は分からないが、人は判断できる」ことはあり得ないと知る
その五 市場の条件以上の「うまい話」などないとわきまえる

 いずれも、素人の富裕顧客などの他人のことだと思うと、金融マンとしては納得できる話ばかりだろう。一つでも理解できないものがあれば、その人は、資産運用だけでなく、金融機関の経営そのものにあって能力不足だ。「運用のプロ」を雇うよりも、自分をクビにすることの方が、会社には大きな貢献となるにちがいない。

 金融機関の資産運用にあって最大の問題は、プロ人材の採用よりも、経営者の運用に対する理解なのだ。

(経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員 山崎 元)