仕事と子育てを両立
忙しくても無理なく仕事と子育てを両立できる人は、どんなことをしているのでしょうか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

 ただ方法を聞いただけでは実践しようと思えないことも、素敵な方がしているとなると、「まずは試してみよう」と思えることがあります。

 今回インタビューをさせていただいた『これからは、生き方が働き方になっていく』(大和書房)の著者である鈴木絵里子(32)さんも、そうした女性の1人のように感じました。

「私は本当に失敗ばかりの人間で…。でも、失敗から学ぶことがたくさんあります」

 取材場所に現れたその方はとても控えめで、たおやかで、だからこそ、一言一句もらさずにお話を聞きたい、と思うような魅力に溢れていました。

鈴木絵里子さん
鈴木絵里子さん
グローバルVCファンドFresco Capitalのパートナーに加え、ミスルトウ株式会社の投資部ディレクターを兼務。1986年生まれ。北米や中東などの海外で育ち、マギル大学を卒業後、モルガン・スタンレーやUBS証券の投資銀行部門に勤務。後に米国のドローンベンチャーの日本法人立ち上げを行い日本代表に。グローバルな視点や金融やテクノロジーにおける知見を生かし、社会課題解決の支援に熱意を注ぐ。女性含めた多様性活かす世界を広げたいとfuture female+としても活動する2児の母でもある。

毎朝5時起きで仕事&子育て
なぜ忙しくても無理なく両立できるのか

 社会人としてのスタートは外資系投資銀行。その後、ドローンベンチャーの日本代表となり、2016年からはミスルトウ株式会社で投資部ディレクターとして数々のスタートアップ起業に投資し、グローバルと日本のチームを構築することを強みとして今でも2ヵ月に一度は仕事で海外に行く…という、鈴木さんの1日は、朝早くに始まります。

 起床は5時。メールチェックや返信をし、ヨガをし、身支度を済ませます。6時には子どもたちが起きてくるので、朝食を作り食べさせるといいます。

「朝食は、主人と私は食べないで、子どもたちだけなんです」

 というのも、ご主人がダイエットのためにみつけてきたインターミッテントファスティングという方法を取り入れて、2年前から朝食は取らないことにしたそうです。その理由も「主人が1人だけ食べないのはかわいそうだと思って」というのですから、その思いやりに頭が下がります。