大企業のほうが安心、正社員採用のほうが安定している。
女性が転職を考えたり、主婦から再び働こうと考えたとき、
ほとんどの人が「安定」を条件にあげる。
しかし、そうした働き方が、今の時代は「リスク」になることも…。

専門スキルや学歴がなくても、経験がなくても、年齢を重ねていても、
主婦であったとしても、
技術を身につけることで、
女性はもっと「稼げる」し、
本当はもっと「稼いでいいんです」。

そう語るのは、外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、
世界第2位の成績を残し、
独立後に出版した書籍は
累計200万部超えの作家・和田裕美さん。
彼女が20年かけて伝えてきたことの集大成が「稼げる技術」である。

「稼げる技術」とは、
自分で稼いで自立できる力のこと。
会社に依存するのではなく、
自分の力で一生食べていくスキルだ。

書籍『何もなかったわたしがイチから身につけた稼げる技術』より
安定志向でいると陥りやすいワナについて解説する。
(まとめ/両角晴香、編集部、著者写真/佐久間ナオヒト)

女性にとって安定した仕事とは?

誰にも依存せず、自分でお金を生み出したい

転職を考えている女性に話を聞くと、
「安定した仕事に就きたいんです!」という人のほうが、
「起業したいんです!」というよりも圧倒的に多いですよね。

たしかにこの考え方は安全パイです。
安定していたら、病気になっても、保証があるし、会社もつぶれないし、ずっとお給料をもらえる。ここにリスクはなさそうなので「食いっぱぐれない」。
その上で「高い給料」であったなら、それは最高の安全地帯です。
だからこっちを求める人の気持ちが、すごくわかるんです。

ただ、お給料をもらう立場では、残念ながら
「これだけ欲しい、稼ぎたい」という希望は、あまり通りません。

上限があり、決まった金額の範囲内で「稼ぐ」ことになります。
そう、安定は「まったところにまる」ということです。

会社からもらった株が上場して高値をつけたなど、よほどのことがない限りは大きくは稼げないのです。また、100%「安定の保証」もありません。

あの大きな企業がまさか、あんなことになって、あんなにリストラするなんて、10年前に誰か考えたでしょう? だから、安定が続くかはわからないという曖昧な部分もあるのです。