財務省
Photo:PIXTA

「日本の財政赤字は巨額だから、将来、日本政府が破産する」と信じている人は多い。しかし、「その瞬間、何が起きるのか」を語れる人は少ないだろう。筆者は、日本政府は破産しないと考えているが、それについては前回の拙稿「日本の『財政』も『年金』も破綻しないので心配はいらない」をご覧いただくとして、本稿では仮に破産寸前に追い込まれたとして、そのときに何が起きるのかについてシミュレーションしてみよう。(久留米大学商学部教授 塚崎公義)

最後の瞬間は
国債と円が暴落する

 政府が破産するような事態になれば、世界中の投資家が「破産するから、日本国債は持ちたくない」と考えて日本国債を売る。だから、国債相場は暴落するだろう。

 実は、そのときに 暴落するものがもうひとつある。「円」だ。

 日本政府の“子会社”である日本銀行が印刷した紙切れなど、誰も持ちたいと思わない。だから、円を実物資産に交換しようとする動きが活発化してインフレになるとともに、円を外貨に替えようとする動きが活発化してドル高円安になるはずだ。