基本的には大川総裁の目の前でしかやりません。(あの世から)降りてくる霊の中には、本人の守護霊のふりをしている危険なものもあるので、大川総裁がまずは本物かどうかを見極め、その後、弟子に引き継いで、霊言を行っています。

――大川総裁の後継者はスピリチュアル・エキスパートの中の誰かということですか。

 それはまだ決まっていません。