手持ちの貯蓄が50代で
マイナスになる可能性も

問題は老後に向けて準備できる金額が減少するだけではありません。2人の子どもが大学に通っている時期は、ほとんど貯蓄額が増えないことも大きな問題です。先ほど老後資金として2700万円前後が残ると言いましたが、それは退職金を含んでの話。老後資金として十分とは言い切れません。

 こうして、当初は50代から老後資金の準備にラストスパートをかけると意気込んでいたWさんですが、一転して子どもが大学に通っている間は、毎年のキャシュフローが赤字に陥ることになりました。

 幸いにして手持ちの貯蓄が300万円、2人の学資保険の満期金が600万円と合計900万円があることから、直近で貯蓄額がマイナスとなることは避けられる予定ですが、50代の終盤には貯蓄額が300万円を切る事態に直面してしまう可能性が高い状態です。万が一、Wさんや奥さまが大病したら、あるいは2人のお子さんが留年でもしたら、一時的に貯蓄が底を突きかねない危ない橋を渡ることになるでしょう。

 それからWさん夫婦は健康には人一倍気を使うようになり、また今まで縁のなかった節約にも励むようになり、少しでも貯蓄できるように家計を改善するようになったとか。また、子どもには留年しないように「勉強しろ」とやかましく言っているため、最近では子どもがあまり口をきいてくれなくなったとボヤいています。

 Wさんのように、子どもの進学などのライフイベントで準備できる老後資金が大きく変わることは良くあります。Wさんがこのような事態に陥ったのは、子どもの大学進学という多額の資金が必要なライフイベントがあるにもかかわらず、住宅ローンの繰り上げ返済をせっせと行い、貯蓄残高を大幅に減らしてしまったのが大きな原因です。

 つまり、近い将来に大きな支出を伴うライフイベントがある場合、現預金を多めに確保して、余裕を持ってライフイベントを乗り越える必要があります。そして、そのライフイベントを無事にクリアした後、繰り上げ返済を行うなり、投資を行うなりすればいいのです。

 Wさんのように「住宅ローンは早く返済するんだ」と決め打ちして、現預金を少なくしてしまうのは綱渡り的な方法で、必ずしもおすすめできるものではありません。

(ファイナンシャルプランナー 深野康彦)