シンカリオン
鈴木寿広(ジェイアール東日本企画コンテンツビジネス局コンテンツ第二部部長代理) Photo by Yoshihisa Wada

 新幹線がロボットに変身し、日本の平和と安全を守るため、謎の敵に立ち向かう──。新幹線変形ロボット、その名も「シンカリオン」が今、人気を集めている。メーンターゲットは小学生以下の子供だが、1月からアニメ放送が始まったことで、その親世代など、鉄道オタクを超えた“普通の大人”にもファンが広がっている。仕掛け人がジェイアール東日本企画の鈴木寿広だ。

 同社は電車の中づりや駅ナカ広告を手掛ける傍ら、近年はコンテンツビジネスに注力してきた。キャラクターやアニメ、映画の企画や出資をすることで、クライアントの宣伝活動を支援するものだ。

 鈴木は入社5年目で特に意図せずこの部署に配属され、「劇場版ポケットモンスター」を手始めに、さまざまな作品に携わるようになる。伸び盛りのコンテンツビジネスと共に担当は増え、有名監督のヒット作品にも関わるようになり、仕事内容は充実していった。

 だがその一方で「JRグループにいるのだから、鉄道を使って何かできないか」という思いも強くなっていった。きっかけは同社が制作する子供向けテレビ番組で、新幹線の走行風景を“流すだけ”のコーナーの視聴率がいつも良かったこと。「新幹線はコンテンツとしての魅力が非常に強い」と鈴木は実感していた。

 ちょうどそのとき、番組を共に手掛けるプロダクションの担当者が、1枚のイラストを持ってきた。新幹線を変形させたロボットだった。「見た瞬間、かっこいい! と声を上げてしまった」(鈴木)。

 これを基にした試作品を玩具の展示会に出品したところ、好感触を得た。そこから商業化に向けて、「プラレール」で鉄道玩具のノウハウに長けるタカラトミーの参画が決まった。2014年のことだ。