著者累計700万部突破のベストセラー作家で、新刊『大富豪からの手紙』でも8万部突破の著者・本田健さん。そして、『キッチン』で鮮烈なデビューをして以来、著書が世界30ヵ国以上で翻訳・出版され、イタリアだけでも250万部以上売れているという吉本ばななさん。お2人による「ベストセラー対談」をお届けします。本田健さんが『大富豪からの手紙』で取り上げた「人生で絶対に外してはいけない9つのテーマ」(「偶然」「決断」「直感」「行動」「お金」「仕事」「失敗」「人間関係」「運命」)について、本田健さんと吉本ばななさんに語り合っていただきました。

自分の運命は、ある程度、決められているが、変えることもできる

吉本ばなな
1964年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。以後、88年「ムーンライト・シャドウ」で泉鏡花文学賞、89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、95年『アムリタ』で紫式部文学賞、2000年『不倫と南米』でドゥマゴ文学賞を受賞。著作は30か国以上で翻訳出版されており、イタリアで、93年スカンノ賞、96年フェンディッシメ文学賞「アンダー35」、99年マスケラダルジェント賞、2011年カプリ賞の4賞を受賞。近著に『吹上奇譚 第一話 ミミとこだち』『切なくそして幸せな、タピオカの夢』がある。「note」にて配信中のメルマガ「どくだみちゃんとふしばな」をまとめた単行本も発売中。

本田『大富豪からの手紙』では、「運命」についても、大きなテーマとして扱っています。ばななさんは、運命についてどうお考えですか?

吉本:私は、「その人がその人である」こと自体が、もうすでに運命だな、と思っているんです。奥平亜美衣さんとの対談本、『自分を愛すると夢は叶う』(マキノ出版)でも書いたことなんですけど、その人がその人であるだけで運命は相当決まっていて、「ここでこういう選択はしない」ということが、その人の枠をつくっている気がするんです。

たとえば、「オーガニックコーラなら買うけど、普通のコーラは飲まない」という人には、それだけで「枠」があって、普通のコーラを買っている人と人生が変わってきますよね、良い悪いではなくて。

でも、逆にそれは、自分のいつもの取り組みを変えてみれば、「ある程度までは、運命を変えられる」ということだと思うんです。

本田:僕も、「運命は、自分の運び方次第で変えることができる」と思っています。

吉本:あるとき、一度書いた原稿を削除してしまったことがありました。「しかたがないから、もう一度書こう」と思って書き直したあとに、「消えた」と思っていた原稿のデータが見つかったんです。

驚いたことに、かなり長い文章だったにもかかわらず、2つの文章は、まったく同じでした。一言一句、句読点の位置まで違わなかった。そのとき私は、こう思ったんですね、「この文章を書くことが決められていたんだ」って。