現実は同時並行で、いくつも存在している

本田健(ほんだ・けん)
作家
経営コンサルタント、投資家を経て、育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタートする。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。インターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」は3500万ダウンロードを突破。著書は、100万部を突破した『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房)など、著書は130冊以上、累計発行部数は700万部を突破している。2017年にはアメリカの出版社Simon & Schuster社と契約。初の英語での書下ろしになる著書はヨーロッパ、アジアなど世界25ヵ国以上の国で発売されることが決まっている。(Photo by 森藤ヒサシ)

本田『大富豪からの手紙』を書きながら、「小説を書くのは大変だ」と身をもって感じました。書いているうちに、整合性が取れなくなってきて、「夕焼けがきれいだった」と書いておきながら、半日たってもまだ夕焼けが出ていたりする(笑)。そんな初歩的なところから何度も直していたので、本当に大変でした。

ばななさんは僕とは違って、この主人公はこういう人、主人公のお父さんはこういう人、主人公のお爺さんはこういう人という設定が、頭の中で完璧に仕上がっている気がします。そうでないと、あれほど完成された小説は書けないのではないか、と。

吉本:たしかに、「この主人公が飼っている犬は、柴犬じゃなくて、シーズのほうがぴったりくる」と思い直して、書き変えることはありますね。

本田:それって、感覚的に「違う」と思われるのでしょうか?

吉本:感覚的というよりも、現実的にそうだ、と。

本田:「現実は同時並行で、いくつも存在している」(パラレルワールド)という考え方がありますが、ばななさんの中にある「並行世界(パラレルワールド)」のひとつとして、100%リアルに存在している別の世界があって、それを覗き見ている、みたいな感覚なのでしょうか?

吉本:そうです、そうです、ハイ。「もともとそこにあった世界を覗き見ている」という感じです。