ムダにボディータッチしてきて気持ち悪い
セクハラ「イエローカード」を出したい先輩

 続いて、モンスター度・中級(筆者独自の判断)の事例を見ていこう。

「4年ほど上の先輩が気持ち悪いです。飲み会で頭をポンポンしてきたり、会社にいるときに肩をたたいてきたり、やたらボディータッチが多いんです。

 でも、派手に『やめてください!』なんて言おうものなら、『大げさに騒いじゃって』『自意識過剰じゃね?』とか思われそうで、それもできない……。

 部署内で話題になりたくないし、波風を立てたくもないので、ヘラヘラしてなんとも感じていないように応じています。パートナー等ごく親しい人を除いて、体を触られたくないので、本当はかなりやめてほしい……」(40代女性)

 この事例とは別に、社内で頭や肩、腕などにボディタッチをしてくる先輩へのストレスで、円形脱毛症になった女性を筆者は知っている。「スキンシップが不要な相手」からの接触は困惑と絶望しかもたらさない。仕事へのネガティブな影響もあるため、自粛してほしいものだ。

会社が買っているクオカードを私物化
それ「横領」ですよね?と聞きたくなる社員

 さらにモンスター度・中級の事例を続ける。

「家族経営の会社に事務員として勤めています。私以外は経営者の家族や親戚関係の人たちです。家が近くて通いやすい、というだけの理由で働いていますが、モンスターっぷりがハンパない先輩社員が1人います。

 社長の息子で私より5歳年上の社員です。お客様に渡す用に買っているクオカードや図書カードを彼が大胆にくすねていくんですね。私がそれらを入れたボックスを管理しているんですが、ある日妙に枚数が減っていて。

 周りに『誰かクオカードをまとめて持っていった人、知らないですか?』と聞くと、◯◯さん(彼)がさっきボックスをいじっていたよ、と別の社員が言うんです。後で彼に尋ねると『付き合いで必要なんだよ。えっ、俺が悪いの?』と逆ギレされて……」