考えるだけでOK
寝ながらできるアウトプット法

デキるビジネスマンは睡眠で「リラックスと能力向上」の二兎を追う金田博之(かねだ・ひろゆき)/1975年山口県下関市生まれ。大学卒業後、グローバルに展開する外資系大手ソフトウェア企業SAPに入社。以来、入社1年目で社長賞受賞、29歳で副社長補佐、30歳で部長に着任、35歳で本部長に昇格。世界全社10万人のなかのハイパフォーマンス(上位2%) を挙げた人物に7年連続で選抜される。2007年、INSEAD大学でエグゼクティブMBAを卒業。現在はNASDAQに上場している外資系IT企業「ライブパーソン(LivePerson)」の日本法人代表として働く傍ら、勉強会を定期的に開催し、参加者は累計1000人を超える。現役のサラリーマンでありながら、これまで8冊の書籍を出版。プレジデント、ダイヤモンド、東洋経済、日経ビジネスアソシエなど各種メディア掲載実績多数。オフィシャルメルマガは2017年にまぐまぐ大賞を受賞。 メルマガ:金田博之のたった一冊のノートで出世する「一流のグローバル人材」への確実な道

 情報のインプットをしたら、同時にアウトプットの方法も知る必要がある。ベッドの上でもできる、簡単かつ、実践的なアウトプット法を金田氏に聞いた。

「例えば、寝る前にインプットした内容で、『明日、実践してみよう』と思う内容があったとします。それをいかにして成功させるか、頭の中でシミュレーションしてみるのです。要するにイメージトレーニングですね。寝る前に、成功体験をイメージすることで、頭の中にしっかり根付いてくれるのです」

 もちろん、インプットの際の注意点と同様に、不安になるようなことを考えたり、失敗する様子をイメージするのは禁物。翌日、前向きな気持ちで実践できるようなプランを考えて、仕事が好転することだけをイメージするのだ。この、寝る前の情報のインプットとアウトプット予習の作業は、ことのほかパフォーマンス向上に寄与する。これらを毎日の習慣にすべきだと、金田氏は語る。

「ほかにも、私は睡眠を妨げるカフェインの摂取の仕方にも気を使うようにしています。また、情報のインプットに電子書籍を利用する際は、ブルーライトをカットするメガネや、液晶フィルム、アプリを使うなど、細かい工夫も怠りません。いかにして良質な睡眠を取るかは、仕事同様に力を入れるべき点だと考えているからです」

 帰宅してから寝るまでの時間、ただダラダラ過ごすだけでは、あまりにもったいない。翌朝に気持ちよく目覚めるためのリラックス法と、パフォーマンス向上に役立つ効率的なインプット・アウトプット予習の習慣は、日々積み重ねれば絶大な効果を産む。今日の夜からぜひ試していただきたい。