新たなテクノロジーの実現はもはやテクロノジー自体の問題ではなく、消費者、労働者、規制当局者としての人間の問題だ。