この数値は大さじ1杯(15g)あたりなので、サラダをたくさん食べる方やドレッシングをたっぷりかける方は知らず知らずのうちにカロリーや糖質を取ってしまっているかもしれません。ドレッシングを購入する際は、ノンオイルやコレステロール0などの表記に安心するのではなく、必ず栄養成分表示をチェックする習慣を持ちたいですね。

 ドレッシングは油が気になる方もいると思いますが、トマトや人参、かぼちゃ、サラダ菜、ブロッコリーなどの緑黄色野菜は、油と一緒に取った方が栄養素の吸収率が良くなります。脂質は他にもホルモンを作る材料となったり、便秘の予防にも効果的です。取り過ぎは要注意ですが、適度に取り入れることは必要なのです。

おすすめの手作りドレッシング

 ドレッシングは自宅でも簡単に作ることができます。自宅で作れば添加物は必要なし!砂糖や塩、酸味も調整できるので、簡単にお好みの味に変えられます。ここではおすすめのドレッシングを3つ紹介します。保存も利きますので、ぜひお試しください。

●さっぱりドレッシング
<材料4人分>
酢 大さじ1
水 大さじ1
レモン汁 小さじ1
塩 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/3
こしょう 少々
オリーブオイル 大さじ1

 あっさりとしたドレッシングのレシピです。葉物野菜や付け合わせにおすすめです。塩を控えめにして、赤しそなどのふりかけを加えると簡単に味のバリエーションを増やすことができます。

●わさびマヨドレッシング
<材料4人分>
マヨネーズ 大さじ4
水 大さじ1/2
酢 小さじ1
練りわさび(チューブ) 2cm(2g)
しょうゆ 少々

 糖質を抑えたクリーミーなドレッシングです。わさびはお好みで量を調整してください。カレー粉やからしに変えるのもおすすめです。香辛料を加えることで塩分を抑えられます。根菜や温野菜にもよく合いますよ。