世相を反映した女性のためのユニークなブラジャーを発表してきたトリンプの「世相ブラ」の最新作が11月29日に発表された。今年は、平成最後の年とあって「平成ブラ」だ。そこで平成ブラに至るまでの世相ブラの変遷を見ることで、平成の歴史を振り返りたい。(ダイヤモンド・オンライン編集部 小野寺暁子/画像提供:トリンプ・インターナショナル・ジャパン)

1987年からスタート
平成最後、フィナーレは「平成ブラ」

平成ブラを着用した土屋ひかるさん
平成の元号を知らせた小渕元総理(当時官房長官)をイメージして作られた「平成ブラ」の掛け軸を見せる土屋ひかるさん Photo by Akiko Onodera

「平成ブラ」は女性のライフスタイル、ファッション、トレンドなどが大きく変化した「平成」を表現。平成に生まれた日本のシンボル「東京スカイツリー」をモチーフに、スカイツリーの展望台を周回している光を連想させるライトで平成の時代を駆け抜けた女性の輝きを表現した。

 また、バブル時代のファッションを彷彿させるファーをあしらったミニスカートに、「インスタ映え」「自撮り」など女性にとってはなくてはならない存在である「写真」を撮るときの必須アイテムである鏡をあしらったパッドなど、女性が牽引したトレンドの移り変わりが一目でわかる平成の象徴が満載だ。

 そんな世相ブラは、平成最後の年に合わせ、今年でフィナーレを迎えることとなった。トリンプ・インターナショナル・ジャパンのブランドコミュニケーション課の河村麻美さんは「平成最後の世相ブラのテーマは「平成ブラ」です!歌手の方のファッションがトレンドになったり、スポーツで活躍する女性たちに励まされたり、一般の女性たちを見ても本格的に社会進出が始まったのも平成で、それにより女性の働き方、生き方も多様化しています。女性たちが刺激しあい、支えあってきた平成という時代をブラジャーで表現しました。平成の時代と共に定期的に発表してきましたが、平成の時代と共にいったんこの形での発表は終えます。来年以降は何か違った形で女性の皆さんに自信を持っていただけるような取り組みを続けていきたいと思っております」

 1987年からスタートした世相ブラは63点。斬新なアイディアやデザインに目が奪われがちだが、当時の流行や話題を反映しつつ、細部にこだわり女性を応援する気持ちが込められているのが分かる。ユニークなブラジャーだけに、平成を振り返ってみると個性的なラインナップになった。