忘年会メニュー
忘年会のお店やメニュー選び、いつも悩んでいませんか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

「太らないメニューを選んで!」
「体に良さそうな料理を選んで!」

 栄養士という職業柄か、飲食店選びやメニュー選びをよく頼まれます。昔は喜々として選んでいましたが、最近では「『楽しいご飯がいいごはん』ですから、好きなものを頼みましょうよ!」とやんわりとお断りするクセがついてしまいました。面倒くさくなったから?いえいえ、違います。

 お酒がまわってくると、栄養士セレクトのメニューでは物足りなくなって追加注文の嵐(それも揚げ物や炭水化物)。さらには、〆でラーメン屋に…なんてことが起こってしまうからです。

「それならば、最初からみんなが食べたいものをオーダーして早い時間に食べ終わっていた方が太りにくかったのでは!?」と思いませんか?

 幹事として「連日の忘年会でも太らないお店やメニューの選択を」とは思っても、あまりヘルシー路線を狙いすぎると、私のような失敗をするかもしれません。そこで今回は、栄養士の視点を入れながら、最後まで楽しく、健康的な場になるような忘年会のお店選びについてお話していきたいと思います。

「近い!早い!短い!」が
忘年会には良いお店

 幹事の立場で「参加する人が太らないために何ができるか?」を考えたら、“近い!早い!短い”でお店を選ぶことが一番かもしれません。ただでさえ仕事が忙しい師走に、お店選びやメニュー選びにまでこだわっていると、幹事さんも大変ですよね。でも、開始時間と終了時間の調整なら、今からでも簡単にできるのではないでしょうか。