韓国、文在寅大統領の支持率低下になかなか歯止めがかからない
Photo:AFP/AFLO

文在寅大統領の
支持率低下に歯止めがかからない

 韓国、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率低下になかなか歯止めがかからない。外からは、文大統領は政権を維持するため、なりふり構っていられない状況に陥っているように見える。

 今のところ、文大統領の最大の点数稼ぎは北朝鮮との融和策の促進とみられる。その意味では、同大統領の頼みの綱は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長ということになりそうだ。ただ、現在、その「頼みの綱」も大きな進展が見られない。同大統領の政権運営の厳しさは増している。

 2017年5月に文政権が発足した時、同氏への支持率は80%を超えていた。当時の韓国経済は緩やかな回復を維持していた。その中で、有権者は革新を重視する文氏の有言実行を期待した。有権者は文氏に、政財界の癒着スキャンダルにまみれた朴前政権までの政策との決別や、所得再分配への取り組みを求めた。

 しかし、短期間に一国全体の経済構造を変えることは難しい。

 それには、長期の視点と揺るがぬ決意(コミットメント)が必要だ。同時に、改革は一時的な失業などの痛みを伴う。これまでのところ、文氏は財閥依存度の高い経済構造を変えることができていない。経済を変えると声高らかに宣言したにもかかわらず、それが実行できなければ同氏が有権者の不信を買うのはある意味では当然といえるだろう。

 現在、文氏は実行ができていない状況を、何とか「他の案件」で埋め合わせようと必死のようだ。その政治姿勢で韓国が長期的に国力を高めることができるかは不安である。