投資家が今年の年末商戦は昨年よりも良くなると期待するのは当然だ。賃金増、高い消費者信頼感など、個人消費を後押しする材料がそろっている。