趣味や海外ユーチューバー、さらには外国のニュース。ユーチューブはとにかく多様で豊富な動画コンテンツがそろっている。だからこそ、英会話を学ぶにも、純粋なレッスンだけでなく、同時に楽しめる、知識を蓄えられる動画を見つけられるのかもしれない。

 コンテンツの豊富さ、多様さは、英会話の“難易度”という面でもメリットをもたらす。初歩的なレッスン動画もあれば、本場となる海外の英語ニュースもあるなど、初心者から上級者まで、それぞれの難易度に合わせたコンテンツを見られることも大きい。

 これまでは限定された英会話教室や教材の中から選ぶ形だったが、これなら今の自分にフィットするレベルの動画を探すことができる。それも重要なメリットだろう。

スマホで見るからこそ
気軽に学習できる

 もちろんユーチューブを見ると、いわゆる王道の英会話チャンネルも多数存在する。チャンネル登録者数29万人を超える「Hapa 英会話」など、頻繁に短いレッスン動画をアップするチャンネルも多数あり、好まれているようだ。

 しかも、こういった動画のほとんどは無料で視聴できる。改めて言うまでもなく、これはユーチューブで英会話を学ぶ人にとって大きなメリットだ。実際、こんな声も聞かれた。

「英会話といえば高いお金を払って教材を買い、きちんと身につける前に辞めてしまう人をたくさん見てきた。でもユーチューブなら無料で見られるので、そのハードルの低さがいい」(32歳女性・サービス)

「英会話を学ぶには、まず“英語に慣れろ”と言われた。でも、いきなり海外のニュースを見ても慣れる感覚にはならないし、かといって英会話教材を買うのはお金がかかる。その点、ユーチューブの英会話チャンネルは初級の英語を無料で聴けるから、慣れる意味でもいい」(40歳男性・営業)