フラリーマンは妻への報連相と
家事修業を徹底すべし

 要するにフラリーマンは、単純に遊びたくてフラフラしているのではなく、妻としっかりコミュニケーションができていないために、家に寄りつけないのだ。もし、自分がフラリーマン化していると感じているならば、最悪の結果を招く前に、関係を改善すべきだろう。

「夫側にできることは、まず“報連相”をしっかりすることですね。特に帰宅時間をしっかりと伝えることは重要です。そうすれば女性側も予定が立てられますし、その分不満も少なくなります」

 また、妻側からすると、家事育児を手伝ってもらえるのは本来うれしいことであるはず。単純なことではあるが、夫は家事育児のスキルを身に付けなければならない。

「スキルを身に付けるためにはどうすればいいかというと、家事育児も仕事だと思うべきです。仕事も初めは分からないことだらけでしたが、上司から教わって、できるようになったと思います。最初は怒られるかもしれないですけど、妻を上司だと思えば、学ぶ気持ちも出てきますよね。そういう気持ちを持つことが大事なのです」

 報連相の徹底に、妻を上司と思って教えを請う…これは普段、会社でやっていることと同じである。自分に対して冷たい妻に対して、そこまで下手に出たくない。まして、普段会社でやっていることを家でもやらされるのか――そんな夫のボヤキが聞こえてきそうだが、悪化した夫婦関係から脱却し、家に居場所を持ちたければ、必要な努力である。

 もちろん夫婦関係では、単純にどちらかが悪いと言えるケースは少なく、フラリーマン化するのは、夫側だけに問題があるわけではないだろう。とはいえ、どちらかが歩み寄らねば、いつかは離婚するだけである。フラリーマンの自覚がある男性は、妻の不満が爆発してしまう前に、対策を取ることをオススメする。