人工知能(AI)を活用してフェイクニュースや誤った情報の拡散を抑えようとしているハイテク新興企業は幾つかある。  ソーシャルネットワークやコンテンツ配信企業に対し、ネットワーク上のヘイトスピーチや誤情報について責任を持つよう求める圧力が高まっている。フェイスブックは、ロシア勢がフェイスブックおよび傘下のインスタグラムといったプラットフォームを使って2016年の米大統領選に干渉したことを明らかにした。