やはり重い「ひとケタ」
各球団の1番と3番は?

 12球団共通してスターがつけているのは、いうまでもなく1番と3番だ。1番をつけた選手をあげてみよう。巨人では王氏がつけて永久欠番になった。広島は古葉竹識氏、前田智徳氏と受け継がれ、今季から鈴木誠也がつけることになった。中日は高木守道氏や福留孝介、ヤクルトは若松勉氏、池山隆寛氏、岩村明憲氏、青木宣親と継承され、現在は山田哲人が背負っている。横浜は近藤昭仁氏、山下大輔氏、谷繁元信、西武は秋山幸二氏、ソフトバンクは内川聖一内野手、オリックスは蓑田浩二氏、福良純一氏、ロッテは愛甲猛氏、日本ハムは大下剛史氏、森本稀哲氏、陽袋鋼と受け継がれ、現在は斎藤佑樹投手がつけている。1番をつけた多くの選手が監督になっており、球界共通の出世番号といえそうだ。

 3番は巨人が長嶋氏、広島が衣笠氏で永久欠番になっているが、他の球団も歴史に残る名選手がつけてきた。中日は中利夫氏、立浪和義氏、横浜は高木豊氏、西武は土井正博氏から清原和博氏、中島裕之内野手と受け継がれ、今季楽天に移籍した浅村栄斗内野手がつけた。ソフトバンクは佐々木誠氏、松永浩美氏、松中信彦氏、ロッテは榎本喜八氏、弘田澄男氏、西村徳文氏からサブロー、オリックスは長池徳士氏がつけて準永久欠番になった。

 1・3番ほどではないが、5番も球団の顔として活躍した選手の多くがつけてきた。阪神の新庄剛志氏、横浜の石井琢朗氏、ロッテの堀幸一氏、ソフトバンクの松田宣浩内野手などだ。なお、松田は一昨年・昨年と3番を背負ったが、今季は5番に戻した。憧れの存在だった長嶋氏と同じ3番をつけるのが夢だったそうだが、初心に返るために戻す決断をしたという。選手にとって背番号は気持ちを示す意味合いもあるのだ。なお、5番が出世番号なのは西武だろう。仰木彬氏、辻発彦氏がつけた番号でいずれも監督として成功した。

 6番が出世番号といえるのは阪神とロッテだ。阪神は藤田平氏、和田豊氏、金本氏がつけ、いずれも監督になった。ロッテも落合博満氏、井口資仁が監督になっている。