若者が高齢者に追い出される「逆北斗の拳」札幌

シュ そうなると駅前の住居に移って、駅前のロータリーにいる普通のタクシーに乗って病院に行く方が増えてる。ヘルスケア施設とか老人ホームも、これまでは郊外型のショッピングモールに近い場所が多かったのが、最近は分譲型で駅前にできる方が多い。オリックスなんかもそういう開発してますよね。

かずお 大規模な再開発だと、老人施設を入れろって言われますよね。それ用に専用のオペレーターをつくるデベも増えてます。

シュ ヘルスケア(老健・特養・有老)施設と、あと幼稚園ね。

あくの 結局トレンドは「利便性が良い」ってこと? 大きなのはいらないから、便利を高値で買う。

のら 今から東京でマンションを購入する層は、専業主婦世帯の方が少ないから。どちらも働いてたらそら時間貧乏になる。地歴よりも便利が一番。

かずお コンパクトシティになってるからね。

かずお 札幌とか、地方都市ターミナル駅のタワマンはめちゃくちゃいい値段で飛ぶように売れてる。札幌の業者さんに聞いたんだけど、市内で供給されるマンションは老人がセカンドで買いまくって値段が高騰してて。若い一次取得者は買えずに郊外にはじき出されて、そこで戸建て買うんだって。車で1時間かけて仕事に通うの。

哲戸 じいさんが戸建てに住んでるんじゃないんだ!

どエンド 昔は子育てのために郊外の戸建てみたいなイメージがあったけど。

かずお 郊外に、デベロッパーがそういう「追い出されてる層」を狙って、むちゃくちゃたくさん戸建て作ってます。

あくの 殺伐としてますねなんか。逆北斗の拳みたいな感じ。

>>第6回「注目すべきは『大和ハウスが高値で買い始めた』ってこと」を読む