あなたには、かなえたい夢や目標がありますか?その実現に向けて、具体的な行動に移せていますか?どちらもまだだけど、なんとなくもやもやしているこの現状から抜け出したいというなら、本連載がきっとお役に立ちます。『逆算手帳の習慣』(ダイヤモンド社)を上梓したコボリジュンコさんは、同書の中で、夢をかなえる具体的な方法を公開しています。本連載では、ふわふわした夢を現実に変える「逆算思考」と「手帳術」について、わかりやすく解説します。

10年後、自分がどうなっていたいのかを考えてみよう

 あなたは、10年後にどんな姿になっていたいか考えたことがありますか?

 どんな暮らしをして、どんな人達と、どういう仕事をしていたいですか?

 そのとき、家族はどうしていますか?

 正直、そんなことを真面目に考えたことなんて無いかもしれません。

 普段はその日やることで頭がいっぱいで、せいぜい来週の予定を気にかけているぐらいかもしれません。

 10年後どころか、1年後にどうなっているかも真剣に考えたことがないかもしれません。

 だから、いきなり10年後を具体的に考えろと言われても、想像もできずに戸惑ってしまうかもしれませんね。

 でも、想像できないのは、必要な材料が揃っていないからです。

 情報が不足しているからです。

 あなたの身の回りに10歳年上の友人や知人はいますか?

 日ごろから、同年代の人達とばかりつきあっていませんか?

 全く見たことも聞いたこともないものを想像することは出来ません。未知のものを想像するためには、ヒントとなる材料が必要です。

 10年後を考えるうえでわかりやすいヒントは、10歳先輩の生き方です。

 一人とか二人ぐらいではなく、なるべく多くの先輩に話を聞いて参考にしてみましょう。

 身近な人はもちろん、テレビ、映画、雑誌、漫画からもヒントを見つけることができますよ。