世界有数の高齢化社会である日本では、介護需要がイノベーションや起業を喚起している。日本で生まれ世界中で使用される機器が登場するかもしれない。