CES2019でのベルヘリコプターの出展。大型VTOL機 
CES2019でのベルヘリコプターの出展。大型VTOL機 Photo by Kenji Momota

政府がロードマップ発表も
明確な出口戦略なき議論に大きな疑問

「空の移動革命に向けた官民協議会」によるロードマップ
「空の移動革命に向けた官民協議会」によるロードマップ  拡大画像表示

 経済産業省と国土交通省は2018年12月20日、いわゆる「空飛ぶクルマ」の実現に向けて「空の移動革命に向けた官民協議会」の第4回会合を実施。その中で、「空飛ぶクルマ」の実現に向けたロードマップを公開した。

 これを見ると、2019年中に福島ロボットテストフォールドなどでの試験飛行を開始を目指し、2023年を目途として日本国内各地で事業を開始し、2030年代に実用化を拡大するとしている。

 だが、筆者としては「空飛ぶクルマが、日本で、なぜ必要なのか?」という議論が産官学の各分野の中で不十分であると考える。