評価のスターPhoto:PIXTA

 昨夏、住宅ローン仲介会社ギャランティード・レートの従業員が、企業の口コミ評価サイト「グラスドア」に自社の否定的なレビューを相次いで書き込んだ。

 6月のあるレビューは「米国流の搾取工場(ブラック企業)」だとし、星1つの低評価をつけた(最高評価は星5つ)。7月の別の投稿では「私が今まで働いた中で最悪の会社」と酷評された。同社に対するグラスドアの評価は2.6まで落ち込んだ。

 否定的なレビューで人材集めが難しくなることを懸念した同社のビクター・チアルデリ最高経営責任者(CEO)は、配下のチームに命じ、肯定的なレビューを投稿しそうな従業員に協力を求めることにした。同氏の指示をよく知る関係者はそう話す。彼らは9月から10月にかけて星5つのレビューを何百件もグラスドアに投稿。同社の評価は現在4.1となっている。

 極めて競争の激しい今の労働市場において、グラスドアは企業で働く社員の実感を知る貴重な手段となりつつある。だが、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の調査で判明したのは、その評価を企業側に有利となるように操作するのが可能だということだ。