Photo:PIXTA

「サブスク革命」は定着するか

週刊ダイヤモンド2月2日号表紙

 『週刊ダイヤモンド』(2019年2月2日号)の特集「サブスク革命」は大変興味深く、ビジネスを考える上で示唆に富む。「サブスク」は「サブスクリプション(subscription)」の短縮形で、「定額課金型」のビジネスを意味する。

 言葉の響きにいかにも日本的な“間に合わせ感”があるが、意味が通じるようになると、そのまま定着しそうで、そのうち「ウチもサブスク型のビジネスモデルを考えないと…」といった具合にオフィス内でも使われるようになるだろう。

 そこで、週刊ダイヤモンド編集部のセンスに敬意を表して、本稿では普通名詞として「サブスク」を使うことにする。