NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」など、テレビで話題沸騰の「伝説の家政婦」志麻さん。
あの志麻さんが、初めて書きおろした料理エッセイレシピ本、『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』が発売たちまち話題沸騰中だという。
レシピの背景にある波乱万丈のエピソードとともに、調理のコツも凝縮。ふだん家で食べたことのない「フランスのママン直伝のキッシュ」「梨リングフライ」「龍馬チョコレート」は絶品。さらに、「母の手づくり餃子」「おばあちゃんのお煮しめ」「けんちょう(山口の郷土料理)」のなつかしの味から、「ゆで鶏のシュープレームソース」「豚肉のソテーシャルキュティエールソース」「子羊のナヴァラン」「ローストチキン」などのフランス家庭料理、「フォンダンショコラ」「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」などのデザート、1歳の息子お気に入りの「鶏手羽元のポトフ」まで、実に多彩なレシピがあるという。
「3時間で15品」など、これまでのイメージとはまったく違う志麻さんが、あなたの前に突如、出現するかもしれない。今回は、志麻さんが「フランスのママン直伝のキッシュ」の思い出を語る。このレシピの裏に、どんな物語があるのだろうか?(撮影・三木麻奈、構成・寺田庸二)。

親から子へ受け継がれていく味

フランスのママン直伝のキッシュ

親から子へ代々受け継がれていく味は、
どこの家庭にもあると思います。

フランス料理に出会い、フランスが大好きになった私にとって、フランスの家族ができ、その味を学べるということはとても嬉しいことでした。

結婚する前に、初めて夫のロマンと一緒にフランスに帰ったとき、親戚や友達がたくさん集まり、パーティを開いてくれました。

もともと料理人だった義理の母は、
たくさんの手料理をつくって迎えてくれました。

その中のひとつに「キッシュ」がありました。

キッシュは、パン屋さんやカフェでも定番の料理ですが、
ホームパーティにもよく登場します。

入れる具材も、生地のつくり方も人それぞれです。