世の中には、生涯で本を5冊も読まない人が大勢います。
「購入された書籍全体の95%が読了されていない」のです。
でも、途中まで読もうとしただけでも、まだマシです。
「購入された書籍全体の70%は、一度も開かれることがない」のですから。
「最初から最後まで頑張って読む」「途中であきらめない」
こんな漠然とした考え方は、今すぐ捨ててしまって結構です。
これから紹介する1冊読み切る読書術さえ身につければ!

スキマ時間に要約サイトをチェックする

明治大学文学部教授・齋藤孝氏齋藤 孝(さいとう・たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。ベストセラー著作家、文化人として多くのメディアに登場。著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社文庫、毎日出版文化賞特別賞受賞)、『身体感覚を取り戻す』(NHKブックス、新潮学芸賞受賞)、『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)、『大人の語彙力ノート』(SBクリエイティブ)など多数。<写真:読売新聞/アフロ>

忙しい合間に本の内容をコンパクトに把握したい。
そんなニーズに応えるように、“本の要約サイト”が進化しています。

たとえば、『フライヤー』という要約サイトは、
「10分で読める」を売りにビジネス書や教養書を紹介しています。
経営コンサルタントやライターなどによる要約は、
実際のところ3分くらいで読めるものも多いですが、
複数回のチェックを通すことで品質を担保しているそうです。

こうした要約サイトは、通勤や休憩といったスキマ時間に、
スマホやタブレットでチェックし、
商談や会議での話題づくりに活かしたいビジネスパーソンのニーズが高いようです。

気に入った本があれば、ネット書店から注文できる仕組みになっていますから、
要約を読んで興味をそそられたら、そのまま購入できます。

◎参考にしたい要約サイト
 「フライヤー」
 1冊10分で読めるビジネス書の要約サイト
 www.flierinc.com
――――――――――――――――――――――――
 「美女読書」
 ライターがビジネス書を要約するサイト
 bijodoku.com
――――――――――――――――――――――――
 「BOOK-SMART」
 ビジネスパーソンがビジネス書を要約するサイト
 book-smart.jp
――――――――――――――――――――――――
 「bizpow」
 話題のビジネス書が3分で読める要約サイト
 bizpow.bizocean.jp/category/review
――――――――――――――――――――――――
 「ブクペ」
 本の要点・まとめから読みたい本を探せるサイト
 bukupe.com/

要約サイトの「要約力」を活用しよう

このような要約サイトは便利ですが、注意しておきたいことがあります。

まずは要約を読んだだけで「わかったつもり」にならないこと。
「要約を読む」と「1冊読み切る」は別物です。
実際に1冊を読み切ると、違った印象を受けることもありますし、
本筋とは無関係のところで感動することもあります。

また、要約に頼り切るあまり、
自分自身の“要約スキル”が衰えたら元も子もありません。

私は大学の授業で「読んだ本を1分でプレゼンしなさい」と課題を与えること
があります。
日ごろから要約力をつけておけば、
社会に出てから必ず役立つのを知っているからです。

要約サイトをきっかけに購入した本は、
要約のコツを学ぶようなつもりで参考にしてほしいです。

「なるほど、こうやって説明すればわかりやすくなるんだな」
「こういう見せ方は会議でも使えそう」

このように自分だったらどう要約するかを考えながら本を読むと、
さらなるスキルアップにつながります。
あえて自分が読了した本の要約を読んでみて、プロがどこを端折ったのか、
どこを拾ってまとめたのかをチェックしてみるのもよいでしょう。