甲子園で活躍して
プロでも開花した現役選手たち

 その期待に応え、プロでも活躍した選手は多い。過去をさかのぼるとキリがないので、現役選手をあげると横浜高OBでは松坂大輔(中日)、湧井秀章(ロッテ)、筒香嘉智(DeNA)、大阪桐蔭OBでは中村剛也、森友哉(西武)、平田良介(中日)、中田翔(日本ハム)、浅村栄斗(楽天)、藤浪晋太郎(阪神)、履正社OBのT-岡田(オリックス)、山田哲人(ヤクルト)、明豊の今宮健太、帝京の中村晃(ソフトバンク)、東海大甲府OBの村中恭平(ヤクルト)、高橋周平(中日)、前橋商の後藤駿太(オリックス)、成田の唐川侑己、仙台育英の平沢大河(ロッテ)、桐光学園の松井裕樹、関東一のオコエ瑠偉(楽天)、二松学舎大付の鈴木誠也、福岡工大城東の阿部友裕、中京大中京の堂林翔太(広島)、日南学園の寺原隼人、東北高の雄平(ヤクルト)、浦和学院の大竹寛、光星学院の坂本勇人、千葉経大付の丸佳浩、智弁学園の岡本和真(巨人)、常葉菊川の田中健二朗(DeNA)、愛工大名電の堂上直倫、東海大相模の小笠原慎之介(中日)、高知商の藤川球児、菰野高の西勇輝(阪神)といったところだろう。

 また、メジャーにも甲子園で活躍後、プロ入りした選手は目立つ。駒大苫小牧の田中将大(ヤンキース)、PL学園の前田健太(ドジャース)、東北高のダルビッシュ有(カブス)、花巻東の大谷翔平(エンゼルス)、菊池雄星(マリナーズ)がそうだ。

 だが、プロでは通用しなかった選手もそれ以上に多い。大器といわれながらプロの壁にぶつかっている選手もいる。2013年春の準優勝投手・安楽智大(済美―楽天)、同年夏の優勝投手・高橋光成(前橋育英―西武)などだ。

 根尾、吉田、藤原、小園、柿木ら今、大注目されている高卒ルーキーはどちらの道をたどるのか。期待が大きいだけにファンとしても性急に結果を求めたくなるところだが、長い目で成長を見守りたい。

(スポーツライター 相沢光一)