米企業は自社株買いに資金をつぎ込み過ぎると批判されることもあるが、日本企業は自社株買いを拡大する余地が存分にある。