著者累計700万部突破のベストセラー作家で、新刊『大富豪からの手紙』でも8万部突破の著者・本田健さん。そして、世界的に知られる「おもちゃ」コレクターの第一人者であり、テレビ「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演されている北原照久さん。本田健さんが『大富豪からの手紙』で取り上げた「人生で大切にしたいテーマ」について、お2人に語り合っていただきました。

人との出会いは、偶然ではなく「必然」である

北原照久(きたはら・てるひさ)
ブリキのおもちゃコレクターの第一人者
1986年4月、横浜山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。2003年11月より6年間、フロリダディズニーワールドにて「Tin Toy Stories Made in Japan」のイベントを開催。現在はテレビ東京『開運!なんでも鑑定団』に鑑定士として出演。また、ラジオ、CM、各地での講演会などでも活躍中。横浜、河口湖、仙台松島に博物館を展開。羽田第一ターミナル、京橋エドグランなどにもギャラリーを展開。株式会社トーイズ代表取締役。

本田:私が、昨年、出版した『大富豪からの手紙』は、大富豪の祖父が残した「9つの手紙」に導かれ、大学生の主人公が「人生の秘密」を追い求めて旅に出る「学びと感動のストーリー」です。
主人公の敬(ケイ)は、「9つの手紙」を「1:偶然」「2:決断」「3:直感」「4:行動」「5:お金」「6:仕事」「7:失敗」「8:人間関係」「9:運命」の順番で開いていきます。

第1の手紙を「偶然」にしたのは、本を読んだ方に、「私たちの人生に、偶然はない」「すべてのことには意味があって、自分を幸せにするために起こっている」という真実に気づいてもらいたかったからなんです。
北原さんの人生にも、「偶然」がたくさんあったと思うのですが、いかがですか?

北原:『大富豪からの手紙』の中で、祖父が、「偶然に起きることはないし、偶然に出会う人もいない」と書き残していましたけど、私も、まったくそのとおりだと思います。人との出会いって、偶然のように見えて、実は必然で、「出会うべくして、出会う」のではないかな、と…。

僕が大学進学を目指して浪人していたときに、青山のスナックで、偶然、ひとりの男性と出会いました。その男性が、のちに「作曲家」となる浜圭介(はま・けいすけ)さんです。2つ年上の浜さんと僕は妙にウマが合い、たちまち兄弟のように意気投合。浜さんは、スポーツ用品店を営んでいた僕の家にも遊びに来るようになって、一緒に暮らしたこともあるんです。

本田:そんな偶然があったのですね。

北原:浜さんは、当時、「歌手」をしていたのだけれど、テレビ番組の仕事をすっぽかして、仕事が減って、あてもない生活をしていたんです。それを聞いた世話好きの母が、「だったら、うちに来なさい」って。
僕は、「自分にいい刺激を与えてくれる人と出会うことは、幸運だ」と思っています。浜さんとの出会いは、まさに、僕にとっての幸運でした。