経験のなせる技?
見どころは彼らの「技術」

 さて、ここまでに出たおじさんユーチューバーを見ると、動画の編集や趣という要素以外にも、共通して見られる特徴がある。それは「確かな技術」だ。

 試しにヒロシの動画を見てほしい。火を起こすにも、料理を作るにも、極めて手際よく、さまざまなアウトドアグッズを使いながら進めていく。先ほど紹介したwinpy-jijiiがいろいろなグッズを紹介したり、ユーザーからコメントで質問を受けたりというのと共通するものがあるだろう。

 車中泊を行う埼玉の仙人についても、そもそも自分でキャンピングカーを自作するという荒技から出発している。また別の動画では、無接点で充電ができる最新のスマホホルダーを紹介するなど、タメになる情報も出てくる。

「彼らの動画は、手際の良さや道具の使い方を見ているだけで楽しい。スムーズに何かを作っている様子が、なぜか自分のリラックスや心地よさにつながるのでクセになって見ている」(40代男性・営業)

「若いユーチューバーとの違いは、ベースにある知識や技術だと思う。おもしろさや笑いは少ないかもしれないが、あまりそれは必要ない。逆に、おじさんユーチューバーで知識や技術がないと厳しいのではないか」(30代男性・SE)

 確かに、この違いは明確に感じる。仮におじさんユーチューバーが何かにチャレンジするとしても、そこでリアクションを見せたり、笑わせたりするより、持っている知識や技術、あるいは道具でどう打開するかが焦点になっている。

 アウトドア動画を見れば、多くの人がその手際にほれぼれするのではないか。だからこそ、編集やしゃべり、テロップがなくても見続けられるのかもしれない。そして、その手際の良さや技術は、見ている人の心地よさに結びついているのが大きなポイントだ。