「ありがとう」があるところには、必ず運が運ばれてくる

本田健(ほんだ・けん)
作家
経営コンサルタント、投資家を経て、育児生活中に作家になるビジョンを得て、執筆活動をスタートする。「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。インターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」は3500万ダウンロードを突破。著書は、100万部を突破した『ユダヤ人大富豪の教え』(大和書房)など、著書は130冊以上、累計発行部数は700万部を突破している。2017年にはアメリカの出版社Simon & Schuster社と契約。初の英語での書下ろしになる著書はヨーロッパ、アジアなど世界25ヵ国以上の国で発売されることが決まっている。(Photo by 森藤ヒサシ)

本田:失敗は、人生につきものです。うまくいかないことも、しょっちゅうあります。うまくいかなかったとき、多くの人は、自分に対して、イライラしたり、批判的になったり、怒りが込み上げたりすることがあると思うんです。「なんでうまくいかなかったんだろう?」「どうして、自分は、こんなに悪いんだろう?」と感じるのではないかと思います。

そのような状況のときに、「がっかりしてどんどん落ち込むのか」、それとも、「一度立ち止まって、自分を取り戻すのか」によって、その後の人生は違ってきますよね。

北原:失敗や挫折って、「バネ(スプリング)のようなもの」じゃないかな。自分に降りかかっている「辛いこと、悲しいこと、苦しいことは、神様が与えてくれたバネを押す力」であって、押されてもめげずに、「自分を成長させるチャンスだ」とプラスに考えることができたら、バネの反発力が働いて、これまで以上に高く跳ぶことが可能になる。

けれど、いつまでも嘆いたり、悲しんだり、ボヤいたり、愚痴ったり、恨んだりしていたら、バネはさらに押し込まれて、復元不可能になってしまうのではないかと。
だから、「プラス思考が、すべての基本」ですね。

本田:どうすれば北原さんのように「プラス思考」になれるのでしょうか。

北原:「どんなときも、感謝を忘れないこと」です。良いときだけでなく、悪いとき、「難」が「有る」ときはそれをひっくり返して、「有り難う(ありがとう)」と言う。「ピンチ、有り難う」って…(笑)。難が有っても「有り難う」と感謝すれば、「難(ピンチ)」も逆転します。
「ありがとう」があるところには、必ず運が運ばれてくる。「自分が感謝をすれば、今度は、自分が感謝され、まわりから支えられる」ようになる。だからこれからの人生でも、僕は数えきれない「感謝、ありがとう」を口にするでしょうね。