著者累計700万部突破のベストセラー作家で、新刊『大富豪からの手紙』でも8万部突破の著者・本田健さん。そして、世界的に知られる「おもちゃ」コレクターの第一人者であり、テレビ「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演されている北原照久さん。本田健さんが『大富豪からの手紙』で取り上げた「人生で大切にしたいテーマ」について、お2人に語り合っていただきました。

モノを大切にすると、モノが恩返しをしてくれる

北原照久(きたはら・てるひさ)
ブリキのおもちゃコレクターの第一人者
1986年4月、横浜山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。2003年11月より6年間、フロリダディズニーワールドにて「Tin Toy Stories Made in Japan」のイベントを開催。現在は レビ東京『開運!なんでも鑑定団』に鑑定士として出演。また、ラジオ、CM、各地での講演会などでも活躍中。横浜、河口湖、仙台松島に博物館を展開。羽田第一ターミナル、京橋エドグランなどにもギャラリーを展開。株式会社トーイズ代表取締役。

本田:北原さんは、おもちゃコレクターとして知られていますが、これまでに、何万点くらい集めたのですか?

北原:とんでもない点数だと思います。かれこれ50年以上、集めていますからね。6年前に倉庫の引越しをしたのですが、「4トントラック109台分」もコレクションがありました(笑)。

本田:そもそも、おもちゃコレクターになるきっかけは何だったのですか?

北原:19歳のときに、オーストリアのインスブルックにスキー留学をしたんです。そこで、「モノを大切にする現地の人たちの文化」に触れたのがきっかけです。ホームステイをしていた家庭では、暖炉の上に年季の入った銅の鍋を飾っていました。この鍋でつくる料理は、どれも本当においしくて、「魔法の鍋か!」と思ったほどです。

それからですね、「古いものを大切にする暮らし」に憧れるようになったのは。日本に帰ってきて、粗大ごみ置き場で拾った「八角形の振り子時計」が、僕のコレクションの第1号です。

本田:20歳のときから今日まで、使えるお金の多くをコレクションに費やされてこられたのだと思います。

北原:際限なくコレクションを買い続けていたら、破綻してもおかしくないですよね。でも僕の場合は、「モノが恩返し」をしてくれている気がするんです。
おもちゃは、捨てられやすいモノの代名詞ですが、僕は、そんな捨てられそうなものに価値を見出して、大切にする。そうするとモノが、「ご主人がこんなに自分たちのことを大事にしてくれるなら、恩返しをしないといけない」と思って、恩返ししてくれる。
お金を稼いでくれたり、会いたい人に会わせてくれたり…。ポール・マッカートニーやミック・ジャガーといった世界的有名人に会うことができたのも、コレクションのおかげなんです。