企業からのオファーが来始めたら
事務所に入った方がいい理由

 ユーチューバーとして広告収入が安定的に得られるようになってきたら、企業からのオファーも届くようになる。その段階になったら個人で活動するのではなく、「UUUM」や「Kiii」などのユーチューバーが多く在籍する事務所に所属することもクリエイターとして合理的な判断だと、押切氏は言う。

「事務所に入るメリットとしては、クライアント企業との金額交渉、営業活動、法務手続きなどを肩代わりしてくれることです。そのため、買いたたかれる心配や、あやしいもうけ話にだまされることもなく、制作に専念することができます。あるいはテレビやイベントなどYouTube以外の仕事も来るようになり、事務所側から『こういう仕事できない?』と相談される機会も増えるため、芸の幅も広がります。そうすると結果的に、本業の質も上がっていくわけです」

 とはいえ、ユーチューバーといっても千差万別だ。事務所に重宝されやすいユーチューバーとはどんなタイプなのだろうか。

「家電などを紹介するようなユーチューバーは、事務所としても企業につなげやすいでしょうね。テレビと違って、ユーチューバーはしっかりその商品のダメなところにも言及するので、視聴者の信頼度は高いといえます。事務所としては、家電のレビュー担当はこの人、コスメを実演するならこの人、といった具合に、ユーチューバーのバリエーションを持っておきたいのだと思います。そう考えると、ニッチなジャンルでもいいので、何か一番になれる武器を持っていれば希少価値が生まれ、稼げるユーチューバーになれるはずです」