人を動かすには「15秒で伝える」ことを心がける!
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ 講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊、『相手のキャラを見き わめて15秒で伝える!』
この著書の発売を記念して、研修などで教えているノウハウや、すぐに使えるワザをご紹介します!
営業職はもちろん、部下や上司とのコミュニケーションで悩んでいる人は必見です。

そのキャラによって、
動くポイントが違う!

この連載の第1回はコチラ

ああ言えば、こういう。
口ばかり達者で、こちらが何を言っても上手く動いてくれない部下がいます。
また、こちらが何かを任せようとしても、色々言い訳を作って、その責任から逃れようとします。
こちらがコントロールしにくいので、上司としてはイライラ…。
こういう口ばかり達者で何もしない部下にどのように接すれば良いのでしょうか?

これもキャラ別で対処方法が違います。
タイプに合わせて、相手の喜ぶポイントと、それを言われると痛いというポイントの両方を突いて行くのです。
アメとムチとは良く言いますが、人が行動を起こすときの原動力は、「快楽」に訴求するか、「痛み」に訴求するかのどちらかです。

快楽を求めるときに人は行動し、痛みを避けるために人は行動します。
そんな人の原理を理解した上で、キャラ別に対処方法を見ていきましょう。
特に口ばかり達者なタイプは下記の2つのタイプに多いです。

<ガツガツタイプ>
自己主張が強いタイプで、リーダーなどに抜擢されることが多いタイプです。
「それだけ言うなら結果を出すプロセスは任せるが、全部任せたら目標の数字や、競合に勝てる数字は取れるんだね? それだったら、こちらからもう何も言わないが、もし、それで目標達成できないなら、君に色々言う権利は無くなるぞ」

自分の影響や権限を発揮したいタイプです。逆にその権限を剥奪されるのは苦痛です。
自分に全部任せてもらって自分の権限でできるのは嬉しいのですが、それで結果が出せないと、権限が無くなると思うと、もう逃げられません。
もし、これで、「任せてください!結果は出します」と言えば本当にしっかり頑張るでしょう。しかし、逃げの言い訳で自信が無い場合は、上司の言うことを聴き入れることになるでしょう。