野球をする海外の少年たちPhoto:iStock/gettyimages

 野球はまだ死んではいないようだ。

 米国で「国民的娯楽」といわれた野球。試合時間の長さが嫌われ、観客の減少など人気低迷の憂き目に遭ってきたが、新たなデータで米国の野球人口が再び増加していることが分かった。

 スポーツ&フィットネス協会(SFIA)によると、2018年のアマチュア野球人口は1590万人で、2014年から21%増加した。この数字には、庭でバットを振る6歳児から米国大学野球選手権大会の先発メンバーまで含まれる。

 その中で最も多く増えたのは、プレー回数が年間1~12回までのいわゆる草野球選手。2014年から18年の間に実に53%(約230万人)増えた。