年間150公演以上のMCやイベント司会を務め、特に女性の韓流ファンから絶大な支持を受けているYumiさん。必ず盛り上がるトーク術のノウハウを明かした『初対面でも盛り上がる! Yumi式会話力で愛される29のルール』が現在、好評発売中です。
そして、今、気になる旬の人たちとの対談を連載、今回のお相手は、前回に引き続き、韓国男性ダンスヴォーカルグループ「SUPERNOVA(スーパーノバ)」のリーダー、ユナクさんです。
デビュー前に愛知大学に国費留学をしていたという彼は日本語も堪能で、日本のバラエティ番組にも通訳なしで出演したり、ラジオ番組のパーソナリティを務めた経験も。
さらに、昨年、事務所を移籍した際、新事務所の代表取締役社長にも就任しました。
今年、日本デビュー10周年を迎えるという彼に、今までの軌跡や、エンタテインメントビジネスの話などを詳しくうかがいました。今回は日本の愛知大学に留学していたときの話です。

大学時代は国際色豊かな
「現代中国学部」に!

Yumi:前回、愛知大学の国費留学の夢を叶えたという話をうかがいましたが、学部は「現代中国学部」なんですね。

ユナク:はい。この学部は留学生が大勢いるってことと、現地プログラムが魅力的だったんです。北京や天津など中国の各都市に実際に現地視察をして、そこの経営者と話せるチャンスがあると聞いて。実際に、語学だけでなくいろいろ勉強できたので良かったと思います。

Yumi:今は社長ですが、もともと経営などにも興味があったんですか?

ユナク:うーん、入学した当初は、経営に興味があるというよりは、いろんな世界をみてみたかったというのが強かったですね。あ、でも大学の2、3年の時に、ヒョンビンさんが出ていた、韓国ドラマの「シークレット・ガーデン」というドラマを見て…

Yumi:あれは、大ヒットしたドラマですよね。今でも日本で再放送されてたりしますよ。

ユナク:はい、それで、彼がレストラン経営をしている社長役だったんです。その時に、お、経営も面白そう、俺もヒョンビンさんみたいにかっこよくなれるかな…とか思ったことはありました(笑)。

Yumi:そういえば、お母さんも会社経営されていますしね…。ユナクさんにも経営とかそっち方面を学んで欲しかったんじゃないでしょうか。

ユナク:そのときは、特にそう思っていなかったと思いますけど…。でも今、自分も社長になったので、母の経営者としての姿を見て、尊敬する部分が出てきたし、いろいろな面を参考にさせてもらったりしています。

ユナク
1982年生まれ。ダンスヴォーカルユニットSUPERNOVAの頭脳明晰な頼れるリーダーとして、常に年下のメンバーに気を配り、慕われている。愛知大学を卒業し、日本語も堪能。歌手活動だけでなく、ドラマ、映画、そしてミュージカルで才能を発揮しているマルチ・プレーヤー。SUPERNOVAの新事務所であるSVENTの代表取締役社長でもある。主な出演作品に映画『無花果の森』『この世の果て』、ドラマ『恋するキムチ』などの主演、ミュージカル『RENT』『プリシラ』など。ソロでもシングル、アルバムともにリリース、またSPERNOVAのメンバーであるソンジェの2人によりユニット“DoubleAce”(ダブル・エース)としても活動、昨年はライブツアーも。3/9
30日まで日生劇場において、宮本亜門演出の『プリシラ』に出演!