年間150公演以上のMCやイベント司会を務め、特に女性の韓流ファンから絶大な支持を受けているYumiさん。必ず盛り上がるトーク術のノウハウを明かした『初対面でも盛り上がる! Yumi式会話力で愛される29のルール』が現在、好評発売中です。
そして、今、気になる旬の人たちとの対談を連載、今回のお相手は、韓国男性ダンスヴォーカルグループの「超新星」、現在は改名して「SUPERNOVA(スーパーノバ)」のリーダー、ユナクさんです。
デビュー前に愛知大学に国費留学をしていたという彼は日本語も堪能で、日本のバラエティ番組にも通訳なしで出演したり、ラジオ番組のパーソナリティを務めた経験も。
さらに、昨年、事務所を移籍した際、新事務所の代表取締役社長にも就任しました。
今年、日本デビュー10周年を迎えるという彼に、今までの軌跡や、エンタテインメントビジネスの話などを詳しくうかがいました。
(撮影:和田佳久 文:木村香代)

日本デビューから10周年!
ファンに支えられています

Yumi:SUPERNOVAのリーダーのユナクさん、今回は対談していただき、ありがとうございます。歌に、ドラマに、ミュージカルにと大活躍なんですが、今年2019年は、グループが日本デビューしてから10周年なんですよね。

ユナク:はい。韓国のデビューが2007年で、日本デビューが2009年9月9日です。

Yumi:もう10年…そんなにたちますか。私もMCとして、お仕事をご一緒する機会が多いのですが、デビューしてから本当に人気ですよね。日本武道館を含めた全国ツアーや、さいたまスーパーアリーナでのファンミーティングもありましたね。あ、NHKのハングル語講座も出演されていましたよね。

ユナク:はい、ありがとうございます。日本のファンのみなさんが支えてくれているおかげですね。

Yumi:歌もダンスも実力派のダンスヴォーカルユニットで、全員が身長180センチ以上の長身で、イケメン……もうすごく華やかなグループですが、素顔はやんちゃな弟たちっていうのが私のイメージです(笑)。
 

向かって左より、ゴニル⇒ソンジェ⇒ユナク(リーダー)⇒ジヒョク⇒グァンス
拡大画像表示


ユナク:そうですか? でもいつもイベントでは、僕たちを上手にまとめてくれるので、すごく話しやすいですよ!

Yumi:ユナクさんを含めたメンバーと初めて会ったのは、手帳で確認したら2009年5月5日でした。翌日の5月6日に五反田のゆうぽうとで、日本でのファンミーティングがあるっていうので、舞台監督さんに呼ばれてリハーサルスタジオに行ったんです。

ユナク:デビュー前のファンミーティングですね。

Yumi:はい。ちなみに、私の第一印象は覚えてます?

ユナク:いやあ、10年前でしょ。覚えてない…(笑)

Yumi:私は覚えてますよ! お邪魔したときに、ちょうど食事中で。メンバーの一人、ゴニル君がいなくて、5人だったんですが、背が高い大きな5人が、ちっちゃいテーブルでジャージャー麵をもりもり食べてる…って(笑)

ユナク:あ、僕たちはノーダイエットなんですよね(笑)。そして、僕、甘いものも大好きです。

Yumi:確かに、甘いものをよく食べてますよね…。太らないのがうらやましい…。

ユナク
1982年生まれ。ダンスヴォーカルユニットSUPERNOVAの頭脳明晰な頼れるリーダーとして、常に年下のメンバーに気を配り、慕われている。愛知大学を卒業し、日本語も堪能。歌手活動だけでなく、ドラマ、映画、そしてミュージカルで才能を発揮しているマルチ・プレーヤー。SUPERNOVAの新事務所であるSVENTの代表取締役社長でもある。主な出演作品に映画『無花果の森』『この世の果て』、ドラマ『恋するキムチ』などの主演、ミュージカル『RENT』『プリシラ』など。ソロでもシングル、アルバムともにリリース、またSPERNOVAのメンバーであるソンジェの2人によりユニット“DoubleAce”(ダブル・エース)としても活動、昨年はライブツアーも。3/9~30日まで日生劇場において、宮本亜門演出の『プリシラ』に出演!