写真はイメージです Photo:PIXTA

吃音を抱えるたくさんの人々が
懸命に発した“言葉”に耳を傾ける

『吃音 伝えられないもどかしさ』書影『吃音 伝えられないもどかしさ』 近藤雄生著 新潮社 1620円(税込)

 自分が体験したことがないことを想像するのは難しい。

 かつて我が身に降りかかってきたことや、常日頃から感じていることなどをもとに他者に共感することはできるが、体験したことがなく、ましてや関心すら持ったことがないことについては、なかなかイメージすることができない。

 だが本書『吃音 伝えられないもどかしさ』はあなたに驚くべき体験をもたらすだろう。

 この本を読み終えたあとは、世界の見え方が変わるはずだ。これまで見えなかったものが見えるようになり、気がつかなかった人々の存在に気づくことができるようになるはずだ。

 あなたがこれまで想像もできなかったこと。