「義父母から名前の漢字を間違われ続けてはや数年。年賀状に書かれている名前がいつもおかしくて、夫が何度か指摘しても直りません。もしかしたらわざとかな……って思いますが、ツッコめるはずもなく過ごしています(笑)」(30代女性)

 何回注意しても直らない、となると、そこに悪意を感じるのは私だけではないだろう。通常なら、注意して書くようになるはずだから。

「息子をとられた」という謎の被害者意識を持っているのか、息子の結婚相手として気に入らないのか……。正直、笑って流すことができない類いの話だ。

「今は義父母とまあまあ仲が良いですが、結婚の話をしに行った初対面のときに、うちの家柄について難色を示されたのはキツかったです」(30代女性)

 他にも、子どもの結婚相手の実家を、「貧乏」「学歴が低い」「学がない」「家がお粗末」「育ちが悪い」「品がない」「うちとは釣り合わない」など、こき下ろす義父母の事例には事欠かない。

 自分たち一族と嫁(婿)一族の間でのマウンティングに、一体何の意味があるのかはわからないが。

「嫁の飯だけ粗末」は都市伝説ではない
男尊女卑思想を今も持つ義父母

「旦那の実家が九州にある某県です。初めて帰省したとき、よくいう『嫁の飯だけ粗末』が本当にあるんだなあって、びっくりしました。

 下座に座らされるのは当たり前。私だけ台所で支度している間に食事が始まっている、おかずが2品ほど少なく、大皿料理も遠くて取れない。ネタにするしかないです」(30代女性)

「義母から、『あなたが仕事を続けたら、うちの息子が稼いでないみたいに見えちゃうじゃない』と言われたことは忘れません。結局、仕事は辞めていませんが、今でもネチネチと嫌みを言われます」(30代女性)

 どちらのケースでも、根強くあるのは男尊女卑思想だ。「役割分担」という言葉で片付けられる問題ではない。時代は変わっている。

 男女で「働きに出る」「家事育児をし、家を守る」という役割をそれぞれ担う、という発想を、今なお持ち続けている義父母と接するしんどさは、察するに余りある。