任天堂Photo by Hiroyuki Oya

 【東京】任天堂と提携するスマートフォン向けゲームの開発会社は、配管工「マリオ」の生みの親が、高い収入を得るまでのルートに障害を設けていることを発見した。

 任天堂は2015年以降、ディー・エヌ・エー(DeNA)などパートナーとの協業で制作するスマホゲームについて、収入分与契約を交わしている。ゲームのダウンロードは無料だが、プレーをスピードアップする特典や、特別なキャラクターを獲得するゲーム内のくじへの参加に課金している。

 特別なアイテムの獲得にプレーヤーが大枚を払う場合もある。だが任天堂の戦略に詳しい関係者によると、同社はそのような行動が自社のブランドイメージを傷つけかねないと懸念し、ユーザーの出費が度を越えないようにゲームを調整するよう提携先に求めている。

 ある任天堂関係者によると、同社はスマホゲームについて、主にゲームキャラクターへの関心を深めてもらい、ゲーム機を使う従来型ゲームの購入にゲーマーを導く手段だととらえている。任天堂はスマホゲームで欲を出し過ぎて批判されることを警戒しているという。

 だがゲームメーカーにとっては、それは収入機会を逸することにもなりかねない。

 任天堂とスマホゲーム「ドラガリアロスト」を共同開発したサイバーエージェントは1月、同ゲームの不振などを理由に、17年ぶりに通期の利益見通しを下方修正した。サイバーエージェントによれば、積極的な宣伝が奏功してドラガリアロストのプレーヤーは増えているが、個々のプレーヤーからの収入は見通しを割り込んでいる。