引っ越しをスムーズに終わらせ
新生活をスタートさせる3つのポイント

 短時間にたくさんのタスクをこなさなければならない引っ越し。大事なのは「メリハリ」です。そのために重要なポイントをご紹介しましょう。

 なお、具体的な方法は次回、くわしく説明しますので、あわせてごらんください。

【重要なポイント1】
荷造りのメリハリ:密度を意識する

 荷造りする時は、食器や書類など「アイテム」別に分ける、衣類など量の多いアイテムは「使用頻度」ごとに分けると、引っ越し先で開ける箱の優先順位の区別もつけやすくなります。また、引っ越しの機会にはできるだけ物を減らしましょう、新しい部屋で使いたい物だけに絞りましょう、というのはよく聞くところかと思います。

 ただ、使うわけではないけれど手放すことのできないものも中にはありますよね。例えば、アルバムや写真、手紙などの思い出グッズなどがそうです。こういったものは個人的にはかけがえのないものであっても、今後の暮らしを考えると開かずの箱になる可能性が高いといえます。できるだけ密度を上げて、箱の空間をめいっぱい使って納めきることを心掛けてください。「最後まで残る箱」をいかに少なくするかが荷造りの重要なポイントです。

【重要なポイント2】
定位置のメリハリ:大きいものから決める

 大きな家具は置き場所を間違えると悲惨です。「落ち着いたら後で直せばいい」と思いがちですが、実際に新生活が始まり、物を置いてしまった後から置き直すのはとても大変です。私がお伺いする先でも、使いにくいと思いながらも数年そのままにしている家庭は珍しくありません。

 新居での新しい暮らしのイメージがぼんやりしたままだと具体的な計画を立てられません。事前に新居の間取り図を見ながら、それぞれの部屋の役割やそこでする動作を想像し、「洗濯物は取り込んだ後ここで畳むから、チェストはここにこの向きで置くのがベスト」という判断で決めていきます。

 それぞれの収納のどこに何を入れるか、細かいことは引っ越し後の調整が簡単です。大きい家具の位置だけ決めておけばあとはなんとでもなります。