会長の増田博正さんは元世界チャンピオンで、現役引退後も多くのチャンピオンを育てているスゴい人。でも「あらゆる人に格闘技の楽しさを味わってほしい」という理念で運営されているジムなので、初心者にも優しく指導してくれるので心配いらない。

 クラスは「キックボクシング入門」「初級」「中級」など、レベルに合わせて選べるようになっていて、女性向けの「レディースフィットネス(LF)」クラスや脂肪燃焼を目的とした「ファットバーン」というクラスもある。

 そのほかにも、個々人のレベルやニーズに合わせてマンツーマンでレッスンしてもらえる「パーソナルレッスン」も人気が高いとのこと。今回は増田会長のパーソナルレッスンを体験してみた。

シャドーボクシングからのミット打ち

 まずは、動きやすい服装に着替えてストレッチ。久々に体を動かすので、ケガをしないように体をほぐす。ちなみに「スクランブル渋谷」では、グローブなどのレンタルも行なっているので、着替えさえ持参すれば手ぶらに近い格好で行ってもレッスンが受けられる。

 続いては、シャドーボクシングで体を暖める。実は筆者は過去に少しだけキックボクシングの経験があるので、見よう見まねでやってみたが、10年以上昔の話なのでサマにならない…。ジムでの運動は、全て試合と同じ3分1ラウンドで1分休みという時間配分で行う。シャドーはだいたい3~4ラウンドくらい。

 続いてはミット打ち。増田会長の持つミットめがけて思い切り、パンチやキックを打ち込む。パンチ、キックだけでなく、ヒジ打ちやヒザ蹴りなども織り交ぜるので、まさに全身運動だ。