営業レターが機能し、結果が出始めた時のこと。うまく行けばいくほど《この方法を誰かに教えたい》という気持ちが芽生えてきた。

 だからといって、全く興味を持っていない後輩を捕まえて「これを送るとお客様から連絡があるからやってみろ」などと、無理やり教えることはできない。漠然と《誰か聞いてこないかな》と思っていたものだ。

筆者がレクチャーした後輩も
すぐに「結果」を出した

「超一流の営業マンが見えないところで続けている50の習慣」(青春出版社刊)、菊原智明著、224ページ、1512円(税込み)

 そんな時に、私に興味を持ち、質問してした後輩が2人現れた。私はこの後輩に対して丁寧に営業レターについてレクチャーした。

 この2人もすぐに「結果」を出した。

 私自身も教えることでノウハウに磨きがかかり、より結果が出させるようになった。これが私のコンサルの「原点」なのかもしれない。

 トップ営業マンは「人に話すことでノウハウにより磨きがかかる」ということを知っている。

 ズバリ、あなたからの質問を待っているのだ。

 まずは会社のトップ3までの営業マンの誰か1人を選んでほしい。できればトップ営業マンがベストだが。その方をにランチに誘い、秘訣を聞いてみる。

 たった1つのヒントを聞くことで、目の前の壁を打ち破れるかもしれない。